ダイバーシティの取組み

RVHグループは、多様な人材の積極的な育成・活用を原動力とし、新たな価値の創造や新規市場の開拓を通じた「創造的成長」の実現を目指しながら、持続可能な社会の発展に貢献していきます。

ダイバーシティ(多様性)の推進を「経営戦略」と位置付け、強いトップコミットメントのもと、ダイバーシティ推進専任部署として、「ダイバーシティ推進室」を設置し、働くすべての従業員の人格、人種、個性を尊重し、国籍、性別や障がいの有無などによる不当な差別は行わず、多様な人材が個々の能力を最大限に発揮出来る環境の整備を進めています。

また、主要事業を営むミュゼプラチナムでは、従業員のほとんどを女性が占めることから、次世代育成や女性活躍の具体的な施策として、法定を大きく上回る育児休業制度や育児短時間勤務制度をはじめ、成長に合わせた研修制度の導入など、従業員すべてが充実した毎日を過ごしながら成長し、活躍できる職場づくりに取り組んでいます。

ダイバーシティ基本方針

policy-image

行動計画
雇用状況等データ

女性活躍推進

女性の活躍推進は、RVHグループの成長を支える重要な要素です。グループ一丸となり成長できるよう、男女問わず全ての従業員のさらなる活躍とスキルアップや キャリアアップを目標に掲げ、継続的な女性の活躍推進のために様々な取組みを行っています。

全従業員の活躍推進へ向けた施策

RVHグループでは、女性の活躍推進の実現には、男性を含めたすべての従業員の意識改革が不可欠であると考え、女性活躍の必要性やダイバーシティの理解を促し、 課題意識を持ってもらうためのダイバーシティ研修を定期的に実施しています。
この研修では、育児をしながら働く従業員が家庭と仕事の両立について語る機会を設け、 ワーキングマザーの現状を知るきっかけになっています。また、RVHのキャリアアッププログラムとして役員補佐制度を導入し、経営へのより深い理解による判断力の育成等を通じた女性リーダー登用のための取り組みを実施しています。

人事評価制度においても、性差に関わらない適切な評価制度を設け、管理職者の評価基準に将来のリーダー・管理職候補の育成や課題提示、権限移譲等を項目として盛り込み、従業員のキャリア促進を図っています。

多様性を活かせる企業として従業員の多様な視点や感性、価値観を活かした環境づくりにも力を入れ、定期的に社内交流会を設けるなど、環境整備に取り組んでいます。

美容事業ではサロンで働く従業員の成長に合わせて8つの教育研修プログラムを実施しています。サロンで必要な接客スキルや専門知識を学ぶ新人研修、中堅を対象としたフォローアップ研修、教育者の育成を目的とした研修やマネジメント層を対象にした研修など、フェーズに合わせた研修を行うことで、キャリアアップの意識やスキルの向上を目指しています。

また、研修以外にも、新人従業員をサポートするタギー制度(新人育成担当制度)を導入し、業務上の課題解決だけでなく、モチベーションの向上や働きやすい環境づくりにも力を入れています。

diversity-image01diversity-image02

女性活躍推進に優れた企業として「なでしこ銘柄」に選定

「なでしこ銘柄」は、経済産業省と東京証券取引所が 2012 年度から共同で、女性活躍推進に優れている企業を毎年選定・発表する事業です。
女性活躍推進に優れた上場企業を「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介することを通じて、企業への投資を促進し、各社の取組を加速化していくことを狙いとしています。今年度の「なでしこ銘柄」は上場企業約 3,500 社のうち 47 社が選定され、東証二部では初の選出となりました。

美容脱毛・エステティック等の美容事業を主軸とするRVHグループの成長には、女性の活躍が不可欠であるとの認識の下、今後も充実したキャリア形成研修制度やワーク・ライフ・バランス向上のための環境整備などを通じて、従業員すべてが充実した毎日を過ごしながら活躍できる職場づくりに取り組むことで、持続的に成長する企業として企業価値の向上に努めてまいります。


経済産業省 女性活躍に優れた上場企業を選定「なでしこ銘柄」

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」に参画

RVHならびにミュゼプラチナムの代表取締役である沼田英也は、真の女性活躍の実現を目指し、男性を含めた従業員全体の働き方への意識改革のため、内閣府男女共同参画局が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言に賛同しています。
同会は女性の活躍推進に実践的に取り組んでいる企業の男性リーダーたちをメンバーとして、輝く女性たちを応援する取り組みを広げようと、発足された会です。

diversity-image03

ワークライフバランス向上のための様々な制度

RVHグループでは、一人ひとりの成長と企業の継続的な発展を通して、企業を構成するすべての従業員の豊かで実りある人生と、社会の発展に貢献したいと考え、働きやすい環境づくりに取り組んでいます。
従業員の多様な視点や感性、価値観を活かしてより良い環境を構築するため、従業員の声を反映したさまざまな制度を取り入れ、さらなる改善を目指しています。また、女性だけでなく、男性も利用できる多様な制度を導入しています。

グループ内の様々な制度

フレックスタイム制 フレックスタイム制を導入 RVH、
ミュゼプラチナム、ソアーシステム
働くお母さん手当 子供が18歳になるまで1人につき毎月5,000円、3人目からは毎月1万円を支給 ミュゼプラチナム
働くお父さん手当 子供が18歳になるまで1人につき毎月5,000円、3人目からは毎月1万円を支給 ミュゼプラチナム
育児短時間勤務制度 妊娠から子供が中学校を卒業するまで利用可能 ミュゼプラチナム
介護短時間制度 最大6カ月利用可能 ミュゼプラチナム
育児休業制度 子供が3歳になるまで利用可能 ミュゼプラチナム
男性育児休暇制度 配偶者出産時の育児休暇制度 K2D
リフレッシュホリデー 連続休暇促進制度、3連休以上取得すると3万円を支給 ミュゼプラチナム
ノー残業デー 週に一度、定時退社を促進 ミュゼプラチナム
スーパーフレックスタイム制 コアタイムを設けない柔軟な勤務体制 K2D
テレワーク制度 希望者への在宅勤務の推進 ソアーシステム

障がい者雇用の促進

RVHグループでは、あらゆる障がいの有無を超え、チームの一員として共に成長していける環境を目指しています。
ミュゼプラチナムのサロンでは障がい者と健常者がともに勤務しており、サロンに欠かせない存在として全国の店舗で活躍しています。働きやすい環境づくりやモチベーション維持を図るため、週に1度の交換日記の実施や勤続表彰などを通じて積極的な交流を心掛けており、定着体制づくりにも力を入れています。

グローバルな人材の活躍支援

RVHグループでは、国籍の区別なく、優秀な人材を採用しており、多様な人材の確保に努めています。 外国籍従業員が能力を最大限に発揮でき、日本での生活に溶け込めるよう、規則・規定などの人事手続き、ビザの取得方法や生活環境に関する相談を受け付ける窓口を設けるなど、働きやすい職場の構築に取り組んでいます。

シニア活躍支援

RVHでは、満60歳の定年を迎えた従業員が豊富な経験値によるスキルや技能を生かして働き続けられるよう、対象となる従業員の再雇用に関して、事前に本人の意思を定期的にヒアリングし、希望者と会社の必要性を適合させた上で再雇用に繋げるための取り組みを推進しています。

LGBT理解促進

RVHでは、性的マイノリティであるLGBT(レズビアン(L=女性同性愛者)、ゲイ(G=男性同性愛者)、バイセクシャル(B=両性愛者)、トランスジェンダ-(T=性同一性障がいを含む生まれた時の体の性と心の性が一致しない人)の頭文字)を理由とする一切の差別を行わず、性的指向・性自認に関わらず多様な人材が働ける職場づくりを目指すため、LGBTへの理解促進に向けた勉強会を定期的に行うとともに、グループ全体への積極的な情報共有を行っています。

戻る